TSUBAME2.0受注業者決定

2010.05.26

2010年5月25日に今秋に稼働予定の「クラウド型グリーンスーパーコンピュータ TSUBAME2.0」の構築を日本電気株式会社(NEC)と米国ヒューレット・パッカード(HP)社の企業連合による落札が決定致しました。

TSUBAME2.0 は、2006 年 4 月に我が国最速のスパコ ンとして稼働し 4 年以上に渡って本学および国内外の産学官の種々の研究開発を支えてきた TSUBAME1.0 の後継機種であり、本学の学術国際情報センター(GSIC)が中心となって TSUBAME1.0 をベースに高性能科学技術計算(HPC)のシステム構築研究を進め、その成果をもとに国内外のコンピュータメーカーと2 年近く共同開発してきたものです。

詳細は、GSICのTSUBAME2.0の特設ページへ。

Copyright (c) 2010 Tokyo Institute of Technology. Matsuoka Labo. All Rights Reserved.