イベント

Irina DEMESHKO 博士論文公聴会

 Irina DEMESHKO が「Performance Analysis of Climate Simulation Models on Heterogeneous Petascale Supercomputers(ヘテロジニアスペタスケールスーパーコンピュータにおける気象シミュレーションモデルの性能解析)というタイトルで博士論文校長会を致しました。お疲れ様でした。

Category:

忘年会やりました。

 ご無沙汰しております。先日、松岡研恒例の忘年会がありました。
スタッフも学生も今年一年間お疲れ様でした。

Category:

あめーるの誕生日会

 どうも、僕です。

(主賓企画の)誕生日会がありました。

 

お誕生日、おめでとうございます。

Category:

修士・学士論文発表会 お疲れ様です。

 どうも、僕です。

今年も修士論文発表、卒論発表が無事終了いたしました。

発表準備等に追われたM2の皆様、初めての発表に徹夜の日々を送ったB4の皆様、本当にお疲れ様でした!

■福田 佳祐 (M2):Heterogeneous load balancing by task scheduling for Fast Multipole Method(タスクスケジューリングを用いたFast Multipole Methodのための異種プロセッサ混在負荷分散手法)

Category:

歓送迎会がありました

2月22日に松岡研究室の歓送迎会がありました。

新しい四年生。ようこそ松岡研究室へ。これから、1年?3年?それ以上?がんばってください。

松岡研究室を卒業される方。" ビッグ " になってください。

 

Category:

野村 哲弘氏 講演会

2010年12月27日に、東京大学情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 石川研究室 野村 哲弘氏による「高性能非同期集団通信手法に関する研究」発表がありました。(http://compview.titech.ac.jp/Members/endot/talk-by-akihiro-nomura)

 

概要:

Category:

松岡研究室見学会のお知らせ【時間変更あり】

2/1(Mon)、2/2(Tue)に松岡研究室の見学会が行われます。

日時は以下の通りです。

2/2については時間変更がありましたのでご注意ください。

  • 2/1 : 12:10-14:00
  • 2/2:  13:00-14:50

これらの時間で都合が悪い方は松岡先生に直接mailでご連絡ください。

研究室一同、3年生のみなさんの参加を心よりお待ちしております。

Category:

Jack Dongarra氏による講演

本日大岡山キャンパスにてJack Dongarra先生による御講演がありました。

Dongarra先生は世界No.1のスーパーコンピュータを有するオークリッジ研究所の特別栄誉研究員であり、

またスーパーコンピュータの世界的ランキングであるTOP500のベンチマークであるLINPACKの

仕様策定にも深く関わってこられた先生です。

 

御講演では、

"Five Important Concepts to Consider when Using High Performance Computers"という

題名でHPCの現在や今後に関する重要なコンセプトについてお話くださり、

学生一同大変興味深く聞かせていただきました。

Category:

SC09にてTokyo Techブースを出展します

今週末11/14(土)から、アメリカのオレゴン州PortlandでSC09が開催されます。

昨年に引き続き、今年も松岡研究室では関係者の皆様と共同でTokyo Techのブースを出展し、

東京工業大学スーパーコンピュータTSUBAMEのご紹介を行います。

 

出展場所はSC09 Exhibit Hallの#1155ブースです。

以下、会場地図になります。

特製グッズも用意してお待ちしておりますので、

SC09に参加される方はぜひ足を運んでみてください!

 

また、Conferenceでは松岡研究室研究員の額田さんが

以下のtechnical paperを発表します。

マイクロソフト21世紀コンピューティングカンファレンスに参加しました

11月4日に慶応大学日吉キャンパスで開催された

マイクロソフトリサーチ主催・21世紀コンピューティングカンファレンスに参加しました。

マイクロソフトのシニア・バイス・プレジデントであるリック・ラシッド氏、

カーネギーメロン大学の金出武雄教授、

マイクロソフトのバイス・プレジデントのダン・リード氏、

またチューリング賞・京都賞の受賞者でビューポインツリサーチインスティテュート代表の

アラン・ケイ氏による大変興味深い基調講演や、

松岡先生もパネリストとして登壇されたパネルディスカッションなど、

とても活発な議論が交わされました。

Category:
Copyright (c) 2010 Tokyo Institute of Technology. Matsuoka Labo. All Rights Reserved.