mini_micro intrigger

情報爆発InTriggerプラットフォームと連携し補強する,Micro InTrigger/Mini InTriggerの一般向けページです.申し込み・セットアップ方法,問い合わせ先などをお知らせします. intrigger users向けの情報は,usersフォルダ以下に掲載しております.ログインしてご利用下さい.なお,ログイン名・パスワードは,MLならびに http://www.intrigger.jp/ にて公開しております.

はじめに

InTriggerプラットフォームは,科研費特定領域「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」 において構築されている研究用の分散計算プラットフォームです.すでに全国各地の拠点にマシンが配備され,統一的に利用可能なプラットフォームが実現されています(2008年5月現在,11拠点,計800CPUコア以上.今後も増強予定).

Micro/Mini InTriggerプロジェクトは,InTriggerプラットフォームの拠点数を大幅に増強し,さらなる大規模分散実験を可能とすることをねらいとします.各拠点には省サイズの計算ノードが,小さい管理・運用コストで設置されます.

拠点になれるのは,情報爆発(A01/A02/A03/B01)の研究班です.

  • 設置サイズは小さく,Microでビデオデッキ並み,Miniではラック8U分(標準構成時)です.
  • 電源は100Vのコンセントから取ることができ,マシン室ではない,研究室居室にも設置可能です.
  • ソフトウェア環境のメンテナンスについてpuppetを用いるなど,小さい運用コストとなります.
  • 設置される計算ノードは,無償で貸与いたします(所有権は東京工業大学となります).

Micro InTrigger

標準的なノード構成は以下のようになります(拠点参加時期によって異なる場合があります).

  • MicroATXサイズPC ×1ノード (4CPUコア)
    • Core2Quadプロセッサ 2.4GHz
    • メモリ 4GB
    • HDD 500GB
    • Gigabit Ethernet
    • DVD-ROMドライブ

必要条件

  • グローバルIPアドレス1個 (プライベートアドレスでも可能なよう,検討中です)

Mini InTrigger

標準的なノード構成は以下のようになります(拠点参加時期によって異なる場合があります).

  • 省サイズブレード ×12ノード (計24CPUコア)
    • PentiumIII-Sプロセッサ 1.4GHz × 2ソケット
    • メモリ 1GB
    • HDD 80GB
    • Gigabit Ethernet
  • 管理用1Uサーバ
  • Gigabit Ethernetスイッチ

必要条件

  • グローバルIPアドレス2個以上,最大13個

申し込み・問い合わせ

 

Copyright (c) 2010 Tokyo Institute of Technology. Matsuoka Labo. All Rights Reserved.