論文

Leonardo Arturo BAUTISTA GOMEZ氏 博士論文公聴会

Leonardo Arturo BAUTISTA GOMEZ氏が「Fast Checkpointing for Exascale Supercomputers(エクサスケールスーパーコンピュータのための高速チェックポインティング)」というタイトルで博士論文の発表を致しました。お疲れ様でした。

Category:

本研究室の額田氏が山下記念研究賞を受賞

情報処理学会が優秀な論文を表彰する山下記念研究賞において、
本研究室の額田彰氏が受賞者に選ばれました。
表彰された論文は以下です。

発表学会:SACSIS2008
論文題名:CUDA環境における高性能3次元FFT

表彰式は平成22年3月9日(火)~11日(木)に開催される
第72回情報処理学会全国大会にて行われる予定です。
額田さん、おめでとうございました。

Category:

本研究室の額田彰氏が、SACSIS2009最優秀論文賞を受賞しました

本研究室の研究員である額田彰氏が、来る5月に開催される

SACSIS2009へ投稿した論文:

「CUDA GPU向けの自動最適化FFTライブラリ」

において、最優秀論文賞を受賞しました。

額田さん、おめでとうございます。

Category:

情報処理学会会誌に東工大GSIC/Compviewからのアクセラレータ記事が掲載されました

情報処理学会会誌「情報処理」09年2月号に、東工大GSICおよびGCOE Compviewから、

多数のアクセラレータ記事が掲載されました。

松岡教授、遠藤助教授も記事を執筆しました。

 

詳細は以下のとおりです。

 

情報処理学会会誌「情報処理」 vol50. no2

Category:

Future Generation Computer Systems 論文採録

いやぁ、がんばった

滝澤が去年のGrid2006で発表した論文が「Future Generation Computer Systems」ジャーナルに採録されました。

タイトルは「Intelligent Data Staging with Overlapped Execution of Grid Applications」で、昨年の発表内容からさらにブラッシュアップしてあります。

ジャーナルへの掲載時期はまだ分かっていませんが、掲載されたらまたブログで報告します。

なお、Grid2006で発表した論文は研究室ホームページの文献一覧から閲覧可能となっております。

Category:
Copyright (c) 2010 Tokyo Institute of Technology. Matsuoka Labo. All Rights Reserved.